【無料!】エックスサーバーでwordpressをSSL化。あなたのサイトもhttps!!

こんにちはアントニオです

 

今回は、エックスサーバーwordpressssl化する方法について解説します。

 

ただしこの記事は、これからwordpressを始めるかた向けに書いていますので、ご注意下さい。

 

ちなみに、まだドメインの取得もサーバーの契約もしていない場合はコチラから先にご覧下さい。

 

ssl化してないとどうなる?10秒で説明。

http」と「https」の違いとは何かといえば、

その言葉の意味を見れば何となくわかります。

 

http」は「HyperText Transfer Protocol

https」は「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略です。

 

Secure(セキュア)は安全と言う意味なのですが、

常に、様々な情報のやり取りが行われているのがインターネットの世界で、情報を暗号化して悪い人にわからない様にしようというのがSSL化です。

 

ですので、SSL化していないサイトの情報は、

暗号化されていないので盗みやすいサイトとなり、

ssl化してないと危険だと警告される様になりました。

  

ssl化してないとこんなふうに、

保護されていない通信として危険なサイトに見られてしまいます。

 

また、GoogleWebサイト全体にSSLを実装した

常時SSL化を行っているサイトを

検索順位で優遇するようになりました。

 

ですので、あなたのサイトがssl化していないと

検索結果に不利になり、

せっかく気持ちを込めた記事も無駄になってしまうかもしれません。

 

前回の記事「【真似するだけ】ドメイン取得後にエックスサーバーでワードプレスを始める手順」でも書きましたが、ブログを運営し始めてからSSL化するのは

頑固おやじを説得するぐらい、

と~~~~っても大変です()

 

ですので、ブログを始める前にSSL化しておきましょう!

 

10秒で間に合ったかな()

 

エックスサーバーでwordpressssl化する。

 エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

 

※エックスサーバーは「インフォパネル」「サーバーパネル」が有るので注意

 

ドメインの⇒SSL設定をクリック

 

対象ドメインの「選択する」をクリック

 

「独自SSL設定追加」タブをクリックし、

「追加する」をクリック

 

サーバーに設定が反映されるまで1時間ぐらいかかります。

 

SSL設定一覧タブをクリックすると、設定出来ているか確認出来ますよ。

 

設定してすぐは、まだhttpsのアドレスでサイトを見ても表示されません。

 

次の段階に進むにはサイトが表示されてからになります。

1時間ぐらいで表示される様になりますので少し休憩して下さいね。

  

WordPress側のURLを設定する

httpsのアドレスで、サイトが表示される様になったら次に進みます。

 

ワードプレスの管理画面にログインします。

 

設定の一般をクリック

 

3行目のWordPress アドレス (URL)と、

4行目のサイトアドレス (URL)

http://からhttps://に変更します

 ※「全角」じゃないですよ「半角」ですよ

 

下にスクロールして変更を保存をクリック。

 

 

最後に「.htaccess」を編集して終了

 「何だよまだあんのかよ」

.htaccessの編集なんてめっちゃ難しそう、簡単って言ってたのに嘘つき!」

 

こんな事思ってませんか()

 

今更「.htaccess」を編集とか、ラスボス感が有って

大変そうに思うかもしれませんが、大丈夫です。

 

手順を全て画像付きで紹介しているので、全く難しくありません。

 

早ければ、カップラーメンが出来上がるより先に終わりますから、

お湯を入れて、最後に頑張りましょう!

 

.htaccess」を編集するのはなぜ?

作業を進める前に、

.htaccess」を編集するのはなぜか?を簡単に説明しておきます。

 

「さっさと作業させろ」って方は無視して先に進んで下さいね。

 

さて、ここまでの作業で、

あなたのサイトをSSL化して、

https://~のサイトを作りましたよね

 

ですので、今は

https://あなたのドメイン/

http://あなたのドメイン/

の2種類が出来てしまい、それぞれが別のサイトとして独立している状態です。

 

でも、そうなると、最悪の場合は重複サイトとしてみなされ

ペナルティーを受けてしまうかもしれません。

 

ですので、http://あなたのドメイン/にアクセスしても、

https://なたのドメイン/に転送される様に設定し、

どちらも同じドメインとして扱ってもらえるようにします。

 

こうする事でペナルティーを防げますので、

SSL化する時は「.htaccess」を編集までを1セットにして下さいね。

 

.htaccess」を編集しよう

 エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインします。

  

ホームページの「.htaccess編集」をクリック

 

対象ドメインの「選択する」をクリック

 

.htaccess編集」タブをクリックし

一番上に、画像のように下記の文字を挿入して下さい。

 

RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTPS} !on

RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

確認画面が出たら実行するをクリックします。

 

これで完了です。お疲れ様でした!

 

 

ここまでくれば、設定は完了です^^

一度、http://なたのドメイン/URLを打ち込んで下さい。

https://なたのドメイン/に勝手に転送される様になってるはずです。

 

ここまで来るのも大変でしたよね。

でも一つ一つクリアしていく事で

あなたのスキルは間違いなく上がっていきますからね。

 

これからも一つ一つ頑張っていきましょう。

 

それにしても、エックスサーバーは無料で

SSL化出来るのでありがたいですよね。

 

私はいくつかサーバーを使ってきましたが、

使いやすさもエックスサーバーが一番です!

 

 10日間無料のエックスサーバーはコチラ

↓   ↓   ↓

https://www.xserver.ne.jp/