サラリーマンにおすすめのWワーク!私が毎月10万円稼いでいる方法を紹介
アントニオアントニオ

こんにちは、坂田賢太です。

給料が少ないからWワークを考えていますが、サラリーマンにおすすめのWワークはありますか?この様な悩みにお答えします。 

私もサラリーマンですがWワークをしています。ただし、よくあるコンビニや工場などのアルバイトではありません。 

本業でも時間を拘束されて、副業でも時間に縛られるのは体力的にも精神的にもしんどいですからね。

ですので、この記事ではサラリーマンでも実践可能なおすすめのWワークを紹介していますのであなたもぜひWワークをスタートして下さい。 

サラリーマンがWワークする時の注意

サラリーマン Wワーク

どんなWワークがいいのかの前に、サラリーマンがWワークする時には注意しなければいけない事があります。 

サラリーマンのWワーク注意点
  • 会社にバレない
  • 本業に支障をきたさない
  • シフト制のWワークはサラリーマンには危険
  • 時間=給料だと大きくは稼げない

会社にバレない

何よりも注意すべきはコレです。会社にばれると一発でクビになる事もあります。

就業規則には副業禁止と書いていると思います。 

バレる可能性が有るのは2種類。

  • 顔バレ
  • 税務署からの申告額が会社の給料分と違う。

詳しくはコチラの「サラリーマンにおすすめの副業。空いた時間で出来るものは何?【経験談】」記事で書いていますので、まずはばれない対策と副業選びをしましょう。

本業に支障をきたさない

副業を始めた途端、本業の仕事がおろそかになってしまうのは本末転倒です。

私もWワークを始めた時は体力が続かず眠気に襲われ、本業の成績が大幅に下がってしまいました。 

その為、ボーナスもカットされせっかく副業で稼いでも意味が有りませんでした。

ですので、本業に支障をきたす可能性のあるWワークは選ばない様にしましょう。

シフト制のWワークはサラリーマンには危険

「急な飲み会や接待が入った」

「トラブルで残業しなければいけない」

サラリーマンにはこんなことが良くありますよね。 

シフトで出勤になっているけど、出勤できないとなると、副業の職場に迷惑を掛けてしまいますし、代わりに入る人も迷惑ですよね。 

本来は店側が代わりを探すのですが、厳しい店長がいる職場なら「休むなら代わりを探してくれ」なんて言われる事も有ります。 

私も居酒屋でバイトしている時は良くこの状況が有りました。

他の人が休みたいから私がシフトに入っていたので代わりが見つからず、とにかく本業の仕事を大急ぎで切り上げて副業先に向かったことは何回も有ります。

ですので、サラリーマンの夜や土日は予測不可能な残業や休日出勤がありますので、シフト制の仕事も難しいです。 

時間=給料だと大きくは稼げない

Wワークとなると時間の切り売りではあまり稼げません。

なぜなら、本業を終えた後に働ける時間なんてそんなにありません。

毎日本業を21時頃まで頑張って、その後働くことが出来るのはせいぜい23時間ぐらいではないでしょうか。

しかも毎日は難しいですよね。 

そうなると、稼げるお金なんて月に2万円程度になるでしょう。 

2万円あれば十分と思われるかもしれませんが、あなたの睡眠時間を削り健康を脅かしながら稼いだお金が月2万円なんてすくな過ぎませんか? 

ですので、時間を切り売りするWワークはおすすめ出来ません。 

 では、サラリーマンがWワークをするならどのような基準で選べばいいのでしょうか。

  • 会社にバレない⇒顔バレしない職場
  • 本業に支障をきたさない⇒自分のペースで出来る仕事
  • シフト制のWワークはサラリーマンには危険⇒好きな時に出来る仕事
  • 時間=給料だと大きくは稼げない⇒成果報酬制の仕事

 この様なお仕事を選びましょう。 

サラリーマンにおすすめWワーク

サラリーマン Wワーク

基本的に上記の条件を満たすお仕事がサラリーマンにおすすめできるWワークですので、在宅ワークが中心になります。 

在宅でも副業で10万円以上稼ぐことも可能ですので、ぜひ実践して下さい。

ライター、文字起こし、翻訳など

自宅で好きな時間に作業が出来るのでおススメです。

納期が決まっているお仕事も有りますが、納期の余裕があるお仕事も多数です。

ですので、仕事から帰って寝るまでの1時間や2時間を作業にあてると、それなりの金額を稼ぐことが出来ます。 

他にも、記事のリライト、WEBサイト作成、翻訳などあなたのスキルを活かすお仕事もあります。 

技術を売る

あなたの持っている技術を売る事が出来るのはご存知でしょうか。

「ココナラ」というサイトではスキルを販売する事が出来ます。 

クラウドソーシングなどの在宅ワークと違う点は、

  • クラウドソーシング⇒してほしい作業の出来る人を募集する
  • ココナラ⇒売りたいスキルを出品して買ってもらう

占い、子育て、ライフスタイル、旅行など幅広くあなたの知識を売る事が出来ますので、誰かの役にたつことを発信していきましょう。 

FX

FXは危険なイメージが有りますが、安全に運用するとサラリーマンの副収入になります。

 ただし大きく稼ごうと思えば危険がふえますので、長期的な目線でレバレッジは1倍以下にして、少しずつ増やして行きましょう。 

FXWワークにするというよりは、資産運用につかえるので、収入源を一つ増やすイメージで取り組んでみて下さい。

私は超安全運転ですが、FXで年間10%の利益を生み出しています。

アフィリエイト

サラリーマンのWワークで一押しがアフィリエイトです。 

なぜなら。私が毎月10万円以上稼いでいる方法がこのアフィリエイトだからです。

好きな時間に作業ができて、顔バレも無いのがいいのですが、なにより初期費用がほとんどふようですからリスク0でありながら、ストック型のビジネスでもある事が気に入っています。

アフィリエイトを始める為の元手は、サーバードメインがあればできるので、年間1万円程度でもはじめることが出来ます。 

そして、一度商品が売れる様になると、あとは作業をしなくても勝手に売り上げが上がっているのです。 

要するにお金を掛けずに不動産収入を手に入れたのと同じというわけです。

不動産を手に入れるには、物件を買う資金、管理する手間、入居者の募集を考えなければいけませんが、そんな苦労も全くありません。 

ですので、Wワークを探しているならアフィリエイトをおすすめします。 

PCとインターネット環境さえあれば始められますので、今日からでも本業とアフィリエイトのWワークを始めてみてはいかがでしょうか。

サラリーマンにおすすめWワークまとめ

サラリーマンがWワークをする時の注意点。

  • 会社にバレない
  • 本業に支障をきたさない
  • シフト制のWワークはサラリーマンには危険
  • 時間=給料だと大きくは稼げない

 そして、サラリーマンにおすすめのWワークは

  • ライター、文字起こし、翻訳など
  • 技術を売る
  • FX
  • アフィリエイト

早く始めればその分早く収益を上げやすくなりますので、Wワークに取り掛かりましょう!

 


私は働いても働いても稼げない…万年平社員でした。

仕事も出来ず毎日上司に怒られ、サービス残業は当たり前、おまけに給料はここ10年間昇給した事がありません。

こんな生活が定年まであと20年以上続くと思うとゾッとしました。

そして、、「偉そうにしている上司を見返してやりたい!」「もっと生活を楽にしたい」「家族の為にもっと稼ぎたい」と思い、覚悟を決めて本気でビジネスに取り組むことで、今では上司を抜き社長よりも稼げる平社員になり、いつ会社を辞めても生きていけるだけの収入を稼げる様になりました。

だからと言ってセンスも才能も、恵まれた環境もありません。

「もっと私は出来るはずだ!」と思いながらも、過去の私と同じように人生モヤモヤしている人が思いっきり活躍するために、その方法や、私の過去の経験をメールでお話しています。