ニュースキン実践者が借金で限界を迎えるまで。【借金返済方法も紹介】
アントニオアントニオ

こんにちは、坂田賢太です。

「ニュースキンで借金ばかりが増えて限界です。なにか良い方法は有りませんか?」この悩みを解決します。 

こちらの記事「ニュースキンで成功するのが難しい3つの理由。うまくいかない事はハッキリしている」でも書きましたが、ニュースキンだけでなくネットワークビジネスは非常に稼ぐのが難しいシステムだと私は思っています。

その理由の一つに、借金を重ねながら活動をしなければいけませんので、更に難易度がアップしています。 

ここでは、ニュースキンやネットワークビジネスの借金で限界が来た場合の対処法を紹介します。 

ニュースキンで借金が出来るのはなぜ

ニュースキン 借金

そもそも、ニュースキンでなぜ借金が出来るのか?その仕組みをおさらいしておきましょう。

すでに実践して借金を抱えている人はお判りだと思いますが、ニュースキンで借金を抱えるのは代理店維持費が必要だからですよね。 

ニュースキンで稼ぐには代理店になる必要があります。 

その代理店になる為にLOIという申請を出します。

LOIから3ヶ月間、毎月24万円以上の売上をあげる事で代理店となれるのですが、この24万円の売上なんて始めはなかなか達成出来ませんよね。 

そこでアップラインはこの様に囁きます。

「早く稼げる様になりたいなら自分で24万円分購入すればOK!商品を自分で試せる良い機会にもなるし、成功しているひとは皆そうしているよ」と。 

そして無理をして24万円分の商品を自分で購入させられる訳です。 

でも、このままでは毎月24万円支払い続けるなんて無理ですよね。

そこで勧誘しまくります。

うまくいけばいいのですが、結果は誰も参加せず。

そして、翌月も24万円分購入します。 

しかし、もともとお金に困っている人がニュースキンを始めるので、貯金なんてすぐに底をついてしまいます。 

いまさら辞める事も出来ないので、借金をするしかありません。こうして借金が雪だるま式に増えていくのです。

これがニュースキンにおける借金問題です。

自分のダウンラインにも借金させられますか?

ニュースキン

もしあなたがうまくダウンラインが獲得できたとしても、今後ダウンライン全員がニュースキンビジネスをうまく出来るとも限りません。 

その中でダウンラインでも借金を抱えてしまう人が出てくるでしょう。 

あなたのダウンラインが借金で潰れてしまう姿を見て、心が痛みませんか?

ですので、ニュースキンの借金問題は何もあなただけの問題ではなく、そこに関わる全ての人間の問題です。 

ニュースキンの借金はインターネットビジネスで返す

ネットビジネス

しかし、すでにニュースキンで借金をしてしまっている人は、その借金を返していかなければいけません。 

まずは就職し現実的なお金を手に入れる事をおススメします。

やはり毎月決まった金額のお給料がもらえるのは非常に魅力的です。 

しかし、それでもまだ借金返済には足りないと思います。

ですので、副業でインターネットを使用したネットビジネスをする事をおススメします。

関連記事ネットワークビジネスを辞めたい!でも夢はあきらめたくないあなたの為に

ネットビジネスは名前は似ていますがニュースキンの様なネットワークビジネスとは全く違い、友達を勧誘する必要も無ければ、自分で商品を大量に購入する事も有りません。

セミナーや勉強会など毎週休みの日を潰して活動する必要も無く、自宅でPCとインターネット環境が有れば活動出来るのです。

何より初期費用は年間で数千円しかかからないのですが、稼げる金額は非常に大きく、副業でも毎月100万円かせいでいる人もいます。

アントニオアントニオ

私も今では本業の合間にコツコツと作業を積み重ねて、毎月10万円以上の報酬がうけとれるようになりました^^

ですのであなたも、ネットワークビジネスの借金で限界が来てしまったのであればすぐにでもネットワークビジネスは辞めて、ネットビジネスを始めて下さい。 

ネットワークビジネスに比べればネットビジネスは非常に簡単な仕組みで出来ています。あなたがニュースキンに注いでいた時間をネットビジネスに向けるだけで充分稼げる要素が有りますから。

 

 


私は働いても働いても稼げない…万年平社員でした。

仕事も出来ず毎日上司に怒られ、サービス残業は当たり前、おまけに給料はここ10年間昇給した事がありません。

こんな生活が定年まであと20年以上続くと思うとゾッとしました。

そして、、「偉そうにしている上司を見返してやりたい!」「もっと生活を楽にしたい」「家族の為にもっと稼ぎたい」と思い、覚悟を決めて本気でビジネスに取り組むことで、今では上司を抜き社長よりも稼げる平社員になり、いつ会社を辞めても生きていけるだけの収入を稼げる様になりました。

だからと言ってセンスも才能も、恵まれた環境もありません。

「もっと私は出来るはずだ!」と思いながらも、過去の私と同じように人生モヤモヤしている人が思いっきり活躍するために、その方法や、私の過去の経験をメールでお話しています。